私は短大を卒業し、薬剤師になりたいという夢を諦めきれずに、薬科の専門学校へ行きました。

薬剤師を目指した時のエピソード
薬剤師を目指した時のエピソード

私は短大を卒業し…

● 53歳 女性の場合
私は短大を卒業し、薬剤師になりたいという夢を諦めきれずに、薬科の専門学校へ行きました。
4年間という月日でしたが、ここで学び薬剤師の免許を取得しました。

高校を卒業する頃は、保母さんになりたいと思い、短大へ行きましたが、途中自分のなりたい夢が変わりました。
保母の免許も持っていますが、現在働いている薬剤師は、大変自分にも合っている仕事だと思っています。
専門学校に通っている頃は、同じ夢を抱いている人ばかりで、自分の追う夢と同じだったため、話も合うし勉強なども友人と徹夜で行ったりしていました。
国家試験に臨むために、猛勉強の毎日でしたが、好きな分野なので1度も挫折を感じませんでした。

また、理数系が得意だったので、薬科の部門は昔から興味もあり、好きな勉強ができる事で、毎日がとても充実していました。
夢が実現し、今では毎日仕事にもやりがいを感じている日々です。
好きな仕事は、何年かかっても実現することが大事だと思いました。

Copyright (C)2017薬剤師を目指した時のエピソード.All rights reserved.